スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伝統文化とのお付き合い?

   
   唐突だけど、アタクシは日本の伝統文化について無知です

   そういったものを教えてくださる記事を拝見すると

   感心もし 頭の下がる思いもイタシマス

   
   ですから、今回は赤っ恥覚悟で 書いております

   なんの予備知識も無しに書いているからですが

   こうやって、文化を守っていこうと新しい意欲や才能を

   ある意味革新的に投じて行く 当事者の方々の姿勢に

   伝統文化を継承していくのみならず それを知ってもらい

   味わってもらい 愛してもらおうというメッセージを感じたからに

   他なりません

          いちご湯呑

   ゴージャスで深い味わいの 伝統的な九谷焼を

   否定するわけでは決してありません


   ・・・・ただ、縁あって我が娘のところにやって来た

   この九谷焼のいちごを ずーっとこれから大切に日々使って行きたいと思っております

        いちご 九谷焼
       渋い赤色、ガクの繊細な線、九谷の特徴出てるでしょ(相変わらず下手な写真で・・)

  
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ワタクシも伝統文化には 程遠い生活を営んでおります。
九谷焼、益子焼、信楽焼、瀬戸物、唐津物、磁器、陶器
名前だけしか知らない物も多ぉございます。

九谷焼は発色と色彩の豊かさに負けて日常で使うシーンを
想像できないイメージがありますが
苺茶碗には伝統の技法を踏襲しながら 
焼き物本来の姿に立ち返って
生活に息づく日常の「器」として使われるところが良いと思います。

なぁんて・・・語ってしまった(^_^;)
可愛くて落ち着いた素敵な器ですね。末永く傍らにありますように!

およよ様

 相変わらずの写真下手で、
繊細な可愛らしさが・・・出ませんでしたが
 店の陳列棚の上で そこだけポッと
輝いて見えるくらい、「買って帰って!」オーラが
出ておりましたよ。

 そうそう、そそっかしいので よく破壊するのだわ
グラスもお皿も・・・よくご存知で(見えてた?)

 こういったモノとの出会いも また「人生の出会い」かね?
プロフィール

三日月さん

Author:三日月さん
三日月と申します 

怠惰なブロガーの鏡のような?
のろのろ更新です
よろしくお願いいたします

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
リンク
最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。