スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

命の洗濯、いつになるやら


     明日は もう師走


     慌ただしい 季節到来だ

     紅葉狩りも キノコ狩りも

     テレビで眺めて 行った気になって おしまい

     
     大掃除も やった気になって おしまい・・・とは いかないかぁ




     そうそう、こないだの 仕事のチョンボ


     な~んか、気味悪いくらい その後の お沙汰が ナイのよ。

     無ければ無いで・・・不安だわ~

     ・・・・もう、収まったのかな~? 担当の方 どなたか教えて!


     始末書の話もないし、ボーナスの査定もあるだろし、、、、ねぇ。




      あ~~~ストレス 溜まるワぁ~~~


      img049.jpg
            モモタロよ。あんたのストレスって 何?



      

      ・・・と・・隣の、大浴場から 調子の良い鼻歌が       

      いったい、何処のどなたが 入ってらっしゃるのやら???


      ・・・・・そぉ~っと、覗いてみるとぉ・・・・



        img050.jpg

                        


                           と、いうことで 本日は おしまい!

        

   
     
スポンサーサイト

踏んで伸ばしてウドンかよっ



     11月も もうすぐ終わるよ


  
  ホントに 早いねぇ~ 「光陰矢のごとし」

  親がよく言ってたけど。。。。


  年々 わかる





   さて、先日 年に一度の 健康診断が ありました


   
   で、 なんでか知りまへんが!


   背が伸びて、、、おりました (


   ナンデダロウ?????


   考えられる理由は、といえば

   
   先日 ドツボに嵌ってしまったことに端を発し

  
   辛い立場で 地面にうずくまるようにして 


   息を殺していたら・・・


   そうとは知らぬ 人々に 踏みつけにされてしまい


   いつの間にか身体が引き伸ばされた・・・・から?


    img048.jpg
        とにかく、なんでか 1cmほど 背がでかくなっておりました



    ・・・・この歳で・・・・・何故?

   

若さって、パワーね


      前回、

  仕事でドツボに 嵌ってしまった事を お伝えしましたが

  

  家では 心配をかけないよう 平静を装ってるつもりで いたけど

  ・・・・やっぱり、どうしても わかってしまうらしく・・・


        親孝行な満月1
                   ↑ってか、分かりすぎやろっ ちゅ~ねん


   ・・・で どっぷり落ち込んでる 母を 

   いつもの肩こりの重症化と 思ったらしい




   満月は 母の肩こりが重症化してくると

   「うん イイよぉ」と 求めに応じて

   結構 肩たたきを 頑張ってくれる 気のイイ娘なのだ


   
   鍵盤を弾くためか けっこう指ヂカラも ある




   ・・・で、その時も コキコキ・ドコドコやってくれていたのだが


       突然!!!

   学校の友達に ひどい肩こりの子がいて、その子から

   「コレは 凄い! 肩揉み必殺技」なるものを 習得した、と言いだした

      親孝行な満月2

   どこかうわの空状態だった為か? お気楽な性格の為せるワザか?


   二つ返事で 「OK」したアタシだったが・・・・・



       ぎょええぇぇぇぇぇっぇ、えぇっ

        親孝行な満月3


    ・・・・・イエ、イエ・・・・決して痛かった訳では 無いんです・・・・・




    ただ・・・・もの凄い音が 我が背中から首筋にかけて致しまして


   「どう?スッキリした?気持ちよかった?」

   満面の笑みの満月


  
    そういえば、肩から重いものが外れたような スッキリ感が無くもナイ


    しかし、凄い音がしたなぁ~~、アリガトね ・・・などと 


    その場はそれで 終わったわけでして。。。。






        翌・未明



     トイレに立ち (若いときは翌朝までグーーーッスリだったのにさっ)

     トイレのドアノブに 手をかけた途端・・・・・




    脳天から 背中まで 電気が走ったような衝撃が!!

    後ろに目が有ったら 青い閃光が 見えたかも



    そのあとすぐに 血の気が引いたような感じになりつつ

    そうはいっても、 用を足さねば エライこっちゃ、やし。

    必死の思いで 用を足し (未知なる戦いだった)

    這うようにして ベッドに 戻ったけど 


   
    いったい、アタシの背中はどうなった?



    唸りながら 思いついたのが 病名:ぎっくり背中



    まあ、これが休みの前だったこともあり

    2日半養生して 事なきを得

   
    先日の 大チョンボのため 病欠と 云う訳にもいかず


    ヒョコヒョコ歩いて 仕事してましたが


    しばらくして 快癒いたしました



    親孝行で やってくれたことだし

    実際、気持ちは ホント 嬉しかったし



   ただ、次回からは 優しい満月に こう伝えよう・・・

  
    「あなたの気持は充分いただいてるよ アリガトね 

     でも パワーは半分でいいからねっ」って

   

アタシの守護天使です


    あっては いけないことが

    仕事で起こってしまい というか やってしまいまして

    責任の重圧やら なんでアタシなんだよ、それだったら

    向こうだってという憤懣やら

    いや やっぱりアタシに油断があったんだといった

    後悔やら 簡単に切り捨てられるトカゲの尻尾

    みたいな自分の立場への嫌悪やら、なんやかんやで・・・

   

      守護天使3

    体中に 力が入ってしまい

    神経だけが 尖がって冴え冴えとして
 
    ご飯は味がしないし 眠ることも出来なくなって


    おしまいには 


    「もう、イイや。 アタシが 責任とって辞めりゃ

     それで 済むんだったら 辞めさせて貰えばイイや。

     元から アタシみたいな義理と人情の厚いタイプの

     人間の 勤める環境じゃないよ(渡世人か?)」


     などと、くじけた心を 捻じ曲げて 逆切れする始末。




     事が起こってから 三日目の夜


      守護天使2


     それまでの数日間も 落ち込むアタシを心配し

     優しいメールを呉れていた守護天使のもずくちゃん 

     でも、その日、送ってくれたメールで アタシの心は


        飛び起きた 

     目が覚めた

     ガッテン!!
とボタンを押した (ためしてガッテンを見てる人だけ?)





     そーだ、そーだ、そーなんだ


     いつも ずーーーっと そうだった 


     肩に力をいれて 弱みを見せずに やってきたけど
 
     別に 強がる必要なんて ないんだ~!!!


     バンザーイ なんだか アタシは開放された


     まだ この先 事態がどうなるかは

     分からない。 だけど なんだろう?光が見えた。

     泣けてきたよ ありがとう


     守護天使1
      大切なモノを守るため 図々しくても謙虚でもナンでも良いから続ける道を選ぶね。          

        アリガトウ  アタシの守護天使


     


    
     

         

     



    


  

     
        

伝統文化とのお付き合い?

   
   唐突だけど、アタクシは日本の伝統文化について無知です

   そういったものを教えてくださる記事を拝見すると

   感心もし 頭の下がる思いもイタシマス

   
   ですから、今回は赤っ恥覚悟で 書いております

   なんの予備知識も無しに書いているからですが

   こうやって、文化を守っていこうと新しい意欲や才能を

   ある意味革新的に投じて行く 当事者の方々の姿勢に

   伝統文化を継承していくのみならず それを知ってもらい

   味わってもらい 愛してもらおうというメッセージを感じたからに

   他なりません

          いちご湯呑

   ゴージャスで深い味わいの 伝統的な九谷焼を

   否定するわけでは決してありません


   ・・・・ただ、縁あって我が娘のところにやって来た

   この九谷焼のいちごを ずーっとこれから大切に日々使って行きたいと思っております

        いちご 九谷焼
       渋い赤色、ガクの繊細な線、九谷の特徴出てるでしょ(相変わらず下手な写真で・・)

  

ジーさんからの電話(ネタ探し)


    実家のジーさん(父)から 毎晩9時ごろ電話の定期便が入る


    たわいない内容で 毎回毎回 よくも続くもんだと感心するが

    ジーさんにすれば 自分が生きてることを伝えるメッセージ

    だから(一人暮らしのため)義務半分楽しみ半分といったところか?


    油絵道楽のジーさんは かなり早筆らしく どんどん作品を量産し

    (ワシ以外のサークルのメンバーが遅すぎるのだ、と本人はぬかしておる)

    そのため、「あ~次はナニを描こうかなぁ~」が口癖となる・・・

    

    要するに ネタを探して日々ウロウロすることになる


       ・・・・そんな、ある晩の ジーさんからの電話・・・・
        お面よ
         どうも、ジーさんが北京で見たというのは京劇のお面を博物館の
         土産物として一枚の額に並べて描いたものの事を言っているようだが。



     とにかく ジーさんは コレでまぁ 20枚分のネタをゲットしたわけで

     来年早々 本人曰く「コレが最後の個展となるだろう」作品展を開く

     準備に取り掛かれると いうもんだまあ、そう云わず長く頑張って下され

「パシッ」と鳴って

  残暑が長すぎて、ズーっと常夏の気分でいたら

   いつの間にやら もう11月。 日が暮れるのも早くなって

   あっという間に ・・・夜だ。

  仕事から帰って 暗い家に入り 台所の明かりのスイッチを入れたら


  パシッ ・・・と 鳴って一瞬ヒカリ そのまま付かなくなった


  ふつう 蛍光灯って、 パッカパッカ、付いたり消えたりして 

  だんだん端っこが黒~くなって来て 最後に「ああ、もう駄目だ」

  というのが 寿命が尽きるまでの流れだと思ってたけど


  パシッ・・・は はじめてだな~~(チョット 不安)


     天井

          アッレェ~? 付かないわぁ。これって壊れたってこと~?

 
   もうこうなったら 本体ごと交換しないとショウガナイってことか。

   リビングの照明も 自分で換えたし コッチも換えてしまおう。

   ドライバーで ゴキゴキと 器具を外し始めたが


  天井直付け 002
  ダメだ・・・天井に直付けだ~ ココから先は

  素人のアタシには どうしようも出来ない



   天井直付け 001
    仕方が無い。 電気屋さんに来てもらうまで 向こうの照明だけでガマンしよう・・

   
   なんだか暗くって ご飯作りが 悲しいなぁ・・・  

   


  

  
プロフィール

三日月さん

Author:三日月さん
三日月と申します 

怠惰なブロガーの鏡のような?
のろのろ更新です
よろしくお願いいたします

カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
リンク
最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。