スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月4日 日曜日

 もう早くも 4月。 今日は4日 オネエ様たちのお節句ですね

 
 オメデトウ


 さて・・・先日 こんな話が職場で出た。


 大事な書類があった。 故人の 保険金に関する書類で


 それは 故人の 二号さんが 旦那亡き後 生活を成り立たせるため


 自分を受け取りにして 掛けていたものだったそうだ。


 彼女は 秘かに 故人の亡くなった 病院を訪れ 書類作成を依頼した。


 ところが その書類のコトが 故人の本妻の知るところとなり・・・・・


 ご想像通り 大揉めに 揉めて・・・

 ・・・と、  そこまで話した時


 そこに居た 23歳の 女の子が 突然に


 2号登場1

 2号って ナンですか?って 聞いて来た

 「二号さん って知らないの?(全く持って 意外や意外なアタシ)」

 「・・・・・知りませ~ん(宇宙人を見るような目つき)」

 「二号さんって 言うのはぁ~ (焦っ ナンダロウ? 他の言葉で言うと)」

 「仮面ライダーとかなら 知ってますけど(マジ)」

 「ライダー2号!!!そりゃ アタシだって知ってる(リアルタイムで)」


 「二号さんって 言うのはねぇ~~~ 。お妾さんのことよ(キッパリ)」

 「ン~~~ッ???余計判りません」

 「エエッ!? お妾さんって 知らん?かぁ~(ガッカリ)

  今で言ったら 愛人か、 不倫相手か、、、いや 一寸ニュアンスが違うなぁ~

  まあ、囲われ者って ことなんやけど」


 私の苦境を 横目で見てた 31歳の青年。


 突然、「余計古いですよ。江戸時代ですよ」


 と、冷たく言い放つ。

 「お~っ、30代代表 ○○くん!  二号さんって 解る?」


 すると カレ さらに 吐き捨てるように こう言った。

2号登場2

 ・・・・・そっかぁ~ 死語かぁ~ 

 そういやあ、オトコの甲斐性 なんて言葉も 実体も 近頃 見かけない。

 一緒に どっかへ消えちゃったかねぇ~

 
 

 

 

 




 

スポンサーサイト
プロフィール

三日月さん

Author:三日月さん
三日月と申します 

怠惰なブロガーの鏡のような?
のろのろ更新です
よろしくお願いいたします

カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
リンク
最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。