スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ねこちゃん、アリガトウ 



  本日・・・長崎のねこちゃんから・・・


  可愛い 小物が 贈られてきました


  3品ですが、 どれも とても 可愛らしいです


  まず、本日のご紹介は~

 ダンシング!

 手のひらに乗っかる 大きさでして

 なんだか コミカルに お尻をフリフリ 踊ってるような

 愉しい いでたちです・・・・

 実は、 もう一本 見えない後ろ側に

 足がありまして それで バランスをとって踊っております

 実物は もっと カワユイのですが、 、、ねこちゃん ごめんよ

 後、二つも 順番に ご紹介しま~ス・・・ね。お楽しみに


 
スポンサーサイト

京都サミット顛末記その2



   前回の続き・・・・・


 京都サミット1の3

  
  三日月さんが おおかみ所長より

  あずかって来た 葛篭の 蓋を 開けました





    ・・・・・するとぉ~


京都サミット2の1


 白い煙が もくもくと 立ち昇って来たのです

 
  驚いて ポカ~ンと 口をあけ

  煙の たなびく その先を 見上げれば????



京都サミット2の2

 なんと!其処には ペットのナマジーに 乗った

 おおかみ所長の お姿が!!!!?

  以下、 所長のお言葉

 ミナノモノ、 驚くことは無いゾヨ コレはワラワの具象気体ナリィ

 実際のワラワは また別の場所に おるのじゃ

 さて、さて、 いかにも楽しげなる 宴のようじゃが

 地震時の 備えは万全かえ? 抜かりなく 備え置くのじゃ

 地震・カミナリ・火事・おやじ


 いにしえの 人も そう言うておるでのう~

 それから。。。ここからが 肝心じゃが、 

 関西及び 九州方面の 職員の 皆々、

 いつでも 世の中のための研究が再開出来るよう

 資金調達のほう ・・・くれぐれも 頼んだゾヨ~
 


  では、いずれまた 会おうゾヨ さらばナリィ~ぃ


 ・・・・・そう 言い終わると 辺りは 真っ暗になり出して・・・

 


  どれくらい時間が経ったか・・・


 京都サミット2の0
  気がつくと 三日月は 眠っていたよう・・・・


  あっ!そうだ 京都サミットの途中だったんだ


  ガバッと、起き上がると そこには

京都サミット2の3


 ・・・・森の奥深く そこだけ ポッカリと 拓けた 草むらに

 ひっそりと 咲く 妖しげな 大輪の花 三輪

 ・・・そして、何処から来たのか 黒い瞳の ネコ が一匹

 静かに 三日月を見つめておりましたそうな・・・・

 いったい、みんなは何処へ消えたのか?

 それとも。。。。?????



 このあと、 三日月さんは どこを どう通って

 ウチまで 辿り着いたのか  サッパリ 思い出せなかったそうです

京都サミット2ラスト

  いかがでしたか?京都サミット顛末記
  
  本当は、おおかみちゃんは 来れなかったんですけどね

  でも やっぱり 日にちが経つと 不思議な 3日間だったなぁ

  という 思いが強くなって こんな物語にしてみました

  長々と引っ張って 結局 こんなオチで 申し訳なかったかな? 
 
                  では また いづれの御時にか・・・

京都サミット顛末記その1




    京都。   某所


  京都美人三姉妹に 指定された場所は

  たしか、、、この辺りのはず、、、だが?



  京都サミット1の1

  竹の鬱蒼と生い茂る中

  一本の道を 奥へ奥へと 進んでいくと・・・

  あっちの方から キラキラと 眩しい光が 射している

 美人三姉妹登場1


  お・お・おぉ~ これはこれは

 この世のものとも 思えないような 艶やかさ!


 
  それにしても、ナント立派な御殿でしょう・・・筆舌に尽くせないので

  絵には描けません (単なる 手抜きじゃないんだよ!)


 上品で 美味なる お料理を いただきながら

 話は はずみます

 京都サミット1の2


  そう! そう! そうでした!


  忘れておりましたよ、 おおかみ所長よりの 秘密指令を・・・

  あんまり、楽しいモンで ウッカリするところでした


   ワスレテタ、、、ナンテ言ッタラ 、エライコッチャ

  しかし・・・結構な 重さの この 葛篭

  ???いったい ナニが 入っているのか ???

  担いできた 本人も 知らない な・か・み

 

 京都サミット1の3


              驚きの中身!?次回へ続く

  
  

珍道中でっせ


 二日目は 行き当たりバッタリ(行き倒れバッタリではないよ)

 滋賀県へ~

 京都を飛び越えちゃったぁ・・・

 滋賀県は大津駅に到着。

 駅から見下ろす その先に 琵琶湖


 今日の大イベント 大津祭りの お囃子が聴こえてきた

 カメラマンのねこちゃんは いいアングルを求めて 人ごみの中消えていく

 私も まねをしてピンボケ写真をとる!

 ややや・・・?? アレは一体なんだぁ

  大津祭り

  ヘンなものに 感心しているうちにも

  ねこちゃんは いろんな人に話しかけ パシャパシャとシャッターを切り

  ホンモノのカメラマンなのだった・・・

 珍道中

 んじゃあ、ソロソロ 場所を変えましょう 

 次は 石山寺

 大津から 電車で少々

 紫式部が 源氏物語の 構想のヒントを 得たところだそう

 
 ドウでもいいけど お腹が空いたぁ


大津石山寺2

 ゆるキャラの おおつ光ルくん が 見てるけど

 気にしないもん ね

大津石山寺1

 はぁ~ これは国宝だそうですよ

 1階が四角で 2階が丸い建物ですよ、分かる?

 どうも写真が悪いですね~

 キット、ねこちゃんが いい写真をアップするから

 そちらで確認してくださいね。

 
 それにしても、 ホントに字の如く 石の山の上に建つお寺

 古の人が その山の造形の奇怪さを 畏怖して

 神や仏を感じたとしても 不思議じゃないかもしれない

 
 さて、三日目は とうとう遂に 京都サミットです
 
 京都の美人の誉れも高い 三姉妹との ご対面。

 ドウナルコトヤラ、続きは またこの次ね

 
 

ウエルカムねこちゃん


 昨日。(10月 11日)


 「はじめまして」の およよさんと

 新大阪駅で待ち合わせて 、ドキドキ・・・

 ねこちゃんの お出迎え・・・およよさん、お世話になりました

 ねこちゃんwelcome

 ・・・・でも・・・・誰だかわからぬ ねこちゃんを

 どうやって 探すのだ????

 と言うわけで 上のような プラカードを 持ち

 乗ってるはずの 6号車(のぞみ東京行き)の前を

 うろうろ・・・・

 およよさんも 「熱烈歓迎 」と書いたプラカード持参


 ナントカ、、出会うことが出来ました

 


 その後、およよさんの 素晴らしい 段取りの良さで

 宿泊先の 高級ホテルで先ずチェックインを


 済ますことが出来たねこちゃんと三人

 
 これまた およよさんの 予約してくれた ヘルシー&美味 な

 お豆腐専門店で ランチ・・・と、相成りました。

 ねこちゃんも およよさんも 撮ってくれてたから

 そのうち ブログで アップしてくれると思うけど

 美味しいお料理でした。しかも綺麗

 三日月は タダタダ 食べるのみ。。。

 その後、およよさんとは 別行動になり

 満月が合流して  おおさかダック・ツアーに参加


 不思議なテーマ・ミュージックの流れる中 ツアーは開始

 日ごろ通る道も 水上から見上げれば また違った感動~

かっぱバス表

かっぱバス裏

 ねこちゃんも喜んでくれて 三日月親子も 楽しんで

 なかなか、オモシロかったです

 そうそう、途中 御堂筋(ここは路上を走る)で 

 デューク更家氏がウォーキングする姿に遭遇!

 
 あと、三日月家の地元を 

 ねこちゃんのリクエストで 狛犬さんを 探索して

 昨日のスケジュールは 終了となりました。


 本日は 何処で何を するのか 全くの 白紙です・・・

 まあ、大まかには 京都・滋賀方面かな? ・・・・と。

 かなりの 大暴走大冒険に なりそうな 予感

オネエマンは素晴らしい

  今の職場・・・ホントに毎日色んな人が・・・

  良い意味でも、悪い意味でも。

  
  人間不信になりそうな 日もあれば

  心が洗われて 「いやいや、まだこの世も捨てたモンじゃない」と

  思い直すような 清々しい人にお会いできたり・・・


  本名1


   僕の本名2

 結構、イカツイ名前だったりするのです。こういう方に限って・・・

 きっと、立派な日本男児に育って欲しいと

 親は 願って付けたんだろうけどネェ・・・

 でもオネエマンの方たちは

 お会いした限りでは とても礼儀正しい

 気持ちの良い方たちばかり。

 人間が出来てるなぁ~と、感心させられます。

 外見ではなく 中身が大切だという事を

 身をもって体験してきたからこそ、の

 差だろうなぁ~・・・と 思ったりします

三日月という名前



  三日月という名前

 いらっしゃるんですね~


  三日月さんて 方が


  個人情報の漏えいが マスコミとかでも騒がれてます。

  こんなネタ 大丈夫かな??

  世の中には 珍名奇名さん ホントにコレは?と

  首をかしげるような お名前も 拝見します。

  特に 苗字は 家の歴史 そうオイソレトハ 変えられるモンじゃないし。

  「このうちの先祖は なにを考えて この苗字付けたかな~?」と

  要らぬ想像の羽を伸ばして 今日も三日月さん 先輩から 厳重注意です

  「ハイハイ、三日月さん  ここ入力 違ってます!チャンと話し訊いてるの?!」


  ・・・・ゴメンネ、三十代・二十代の 先輩の皆様方

  四十代 も どっちかって言うと 五十に 近づいてきた

  三日月さんには 集中力の持続が 一番 不得手なんです ハイ。

プロフィール

三日月さん

Author:三日月さん
三日月と申します 

怠惰なブロガーの鏡のような?
のろのろ更新です
よろしくお願いいたします

カレンダー
09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
リンク
最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。