スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オオォ。モモタロウ~君は「風太君」か!




     ウソップ物語    その33





     遅い母の帰宅を待って、ねむってしまった 満月と、モモタロウ


   で、、、やっと帰ってきたと思ったら?

   なんだかチョット・・・様子が違ってる 母、三日月

   ビックリして  うしろへのけぞった満月の後ろから

   いま、目を醒ましたらしい モモタロウくん・・・・の、すがた

32の1


    オ、や、まあぁ~。。。

         モモタロウくん、あんたってば!

         以前のお茶碗洗いのシーンに続いて、後ろ足2足歩行第2弾?

         ・・・と、いっても 動画じゃないから「歩行」かどうかは、不明だわね

         ココだけの話ですが・・・・猫って、立ち上がると 胴が、長~イの!


   そんな事より、えらいこっちゃっ!

   
      覗いた、モモタロウくんに注がれる 視線の集中砲火





32の2


     さすがの、モモタロウくんも、、、タジタジデス




  戯作者:三日月の 独り言。

       
        今月で、大好きだった 仕事の相棒「Hassey」ちゃんが、職場を去りました。。

        8ヶ月の間、とても楽しく仕事させてもらえて、すごく楽しかった。

        今度は、もっとマトモな職場で 頑張ってほしいです。

         

       さて、ワタクシ 三日月も、また新たな資格の取得にむかって

       老体に鞭打ち頑張ってみることにしました・・・



       とりあえず、これから4ヶ月。

       学生となって勉強して、遅まきながら次のステップへ上がってみようかと・・・

       貴重な土曜日の午後が、完全に潰れてしまいますが

       満月と、モモタロウにも、色々としわ寄せが来るとわかってるんですが


       ・・・どうもねぇ、ナンの保証も無いポジションのままどんだけ~

       頑張っても、けっきょくは便利に使われて身体壊すだけだし(もう、壊れてるけど)

      このウソップ物語の、三日月さんじゃないけど「イッチョ 頑張ってみようか!」と

      意志を固めたわけです。。。ハイ


    で!で!で・す・が!!!

      お馬鹿ブログは、続けまーす

      こんなに、チンタラ・ポンタラ ノロノロテンポでしか、アップ出来ませんが

      戯作者:三日月は、コレが何よりの楽しみなんです~

      また、時々は「落ちこぼれ」ネタ なども登場させてみたいと思いますので

      いままで通りの、お気楽なお付き合いの程 ドウゾ宜しくお願いいたします

       

       

        
スポンサーサイト

おやじギャグ?・・・ダジャレ?

 


          ウソップ物語     その32




   満月さんの、驚きの形相・・・

 可哀相に、、、罪な母親が有ったモンです

 でも!モット恐ろしい事が アナタを待っている・・・・・・・・のだ

31の2

   おっそろしー!!!  こんな時に 、、おやじギャグとは!!! 
 
 。。。そういえば、最近。ワタクシ、ルー・大柴の ヘンテコ英語まじり文が

    可笑しくって、しょうがないんですの。

    おやじの喜ぶ、おやじギャグ(って、呼べるのかしら?)を愛でるってことは?

    ババアではなくって、ジジイへの道を ひた走ってるっ、ってカンジかしら?

    「えっ?? 転げ落ちてる って、かんじ?」・・・・フフフ

 31の3


      ア~ラ、まあ!

   出てきちゃったわよスネーク・カモーン

   ・・・・で、もって  もう一匹も 起きだしてきたみたい。

       我が家の爆睡王   MOMOTARO   




 戯作者:三日月でゴンス・・・

      ねこちゃん(ねこおばさん)から

      「ヘビちゃんたち、成長してないか?」との ご指摘を頂戴しました。

      ・・・・・そういやあ、そうかもしれない、最近 ヘビちゃん達に  のようなものを

      同士愛のようなものを感じてるかもしれないわ~と、三日月もはたと気付きました。

      それで、どうしても大きく描いてしまうのかも知れません・・・

      漫画だから、ドウにでもなるけど・・・育ちすぎて、三日月が潰れない事を祈ってね

東京ぼん太・・・わかる?




    ウソップ物語   その31




  となりの部屋には、母 三日月さんの姿・・・・(当然か)

  31の1



 お茶碗と、お箸と、急須に、お漬物・・・

 三日月さんってば、色々有りすぎて 晩御飯たべる暇もなかったモンね


  ・・・・そんなことより、動揺してますよぉ~ 満月ちゃん
31の1




 唐草模様といえば、子供の頃・・・テレビで観た コメディアン

 東京ぼん太  って、言いましたよね。

 美術の授業中だったか、歴史の時だったか、忘れたけど

 アノ模様のルーツ?は、ギリシャ時代かローマ時代にさかのぼって

 アラベスク模様に、端を発してること それがシルクロードを伝わり

 様々に変化しながら、日本に唐草模様として定着したようなこと習ったような・・・

 甚だ、心もとないが違っていたらゴメンナサイ

 その時、ギリシャのイオニア式だか、ドーリア式だかの格調高い柱の装飾が
 
  あの東京ぼん太の背広の柄に繋がることに

 子供ながらにも、認めたくない思いがあったようにオモウ。

 今風に言うと・・・

 「ええぇー?!なんでぇ?信じらんないぃ~  

 ッテ、言うーかーァ、ワケ解っかんなーい」 


 といったところでしょうか・・・

三日月家・・・その夜



     ウソップ物語     その30



 三日月さんが、職を求めて夜の巷を彷徨していた晩

 家で 母の帰りを待つ娘の満月と親孝行な猫のモモタロウは

 帰りの遅い母を、待ちくたびれて 先に寝てしまいました

 
  そして・・・夜も更けた頃


 となりの部屋から洩れる明かりと物音で 満月は目を醒ましました
30の1


 時計を見ると、もう真夜中・・・12時を廻っています

30 の2


とびらを開けて、三日月母さんに声をかけた

 満月ちゃん~

                  
さあ。。。どうなるかな?



   ・・いま、戯作者:三日月、かなり高い所から
  
 不吉な視線を感じつつ、この作業をしております。。。

 視線を感じる側の頬が、緊張で引きつるようです

 フト、顔を上げて 視線を感じる方向に目をやると、

 そこには、満月が生まれたときに購入した整理ダンス
 
 家が狭いので 背の高い、幅の細い

 タイプを選んでしまい、最上段の引き出しの中身なんて

 見る事も出来ず、めくら滅法の手探りで使用中といった代物ですが

 その屋上(?)に、、、いました、いました、不吉なヤツが。

 載せてある麦わら帽子を、ギリギリまで押しのけて腹ばい状態で

 コチラをジーッと監視しております。

 アッ!たった今、眼を閉じて体勢を変えました!

 椅子の上に、立ち上がって見ると・・・

 ま・さ・し・く・・・本日のウソップ物語ー挿絵上図ー状態でねむり始めたようです

 モモタロウ君、おやすみなさい
  
 

三日月 デビュー!




       ウソップ物語  その29




客席でも、緊張の面持ちで舞台を見つめているモノ・・・約2名

 満月&モモタロウ1


 そうそう、お久しぶりです。

 三日月さんちの 満月ちゃんとモモタロウくん・・・

 今夜は、三日月さんのハレの初舞台

 応援に駆け付けて来たんですね・・・うるわしい家族愛

 この愛する家族のためにも、舞台を成功させたいもんです

 
 ・・・そして、満月ちゃんとモモタロウの脳裏に去来するのは

満月&モモタロウ2


 そうそう、あの晩のことです。

 三日月さんが、職を探して夜の街を彷徨した晩・・・・




 戯作者:三日月・・・・暑さにメゲル日々を 送ってます。

 皆さんの所は如何でしょうか?

 と・こ・ろで・・・満月の髪の毛を描いてて、思ったんですが。

 髪の毛の質というのは、面白い遺伝の仕方をするもんだそうですね。

 ちなみに、三日月はモンゴロイド特有の直毛ですが、満月のはウネリがあり
  
 ボワーッと、広がりやすい毛質です。

 美容院で言われたそうですが、

 「髪の毛の質は、自分の父親 もしくは 母親の父親の毛質が遺伝する」そうです。

 ちなみに、ウチの父親は 今でこそ「聖・フランシスコ・ザビエル」みたいなテッペン○○ですが

 私が幼い頃は、そりゃもうやり場に困るほど、バヨンバヨン好き放題に広がってました・・・

 髪の毛が。・・・ヘンなトコ似るのねふぅー。

 そういえば!耳の形も代々おんなじだわ!!大きくて立ち上がってる「江川くんの耳」

 書いててなんか悲しいわ。。。

 パッチリした大きな目、とか つんと高くて尖った鼻、とか 細くて長~い手足とか・・・
 
 そんな遺伝子もってる人間、三日月家には代々一人もいなかったんだなぁ

 百年に一人位いたかもしれないけど、、その他大勢の地味顔に負けたのね。きっと・・・

 

 

スネーク カ・モン!




    ウソップ物語    28  




 レディース&ジェントルマンの皆さま~

 さあさあ、お立会い
ドキドキ1


 お客様の反応は いかがなものか・・・マンジャーレも少々緊張気味

 でも、緊張してるのは カノジョ(?)だけでは無いようでして

ドキドキ2


 頭髪のヘビ君たちも、そして・・・下の箱の中の三日月さんも・・・

 かなり緊張してるみたい

 初舞台が、上手くいくといいんですが

 そして、客席にも緊張の面持ちで舞台を見つめるひとがおります・・・




 こんばんわ。戯作者:三日月ですー

 大方の予想通り、また間隔があいてしまいました。反省反省

 今日の2枚目の絵は、いつも描いてる紙の質感を出したくて

 あまり加工しませんでした。

 こういう、ザラッとした紙に描いてます。

 最初 ツルツルしたモノに描いてましたが色鉛筆の色のノリがイマイチ

 悪いので変えてみて、そのままやってます。

 しかし本当にあつい夏でした  

 今日何十日ぶりかで、30度を下回ったようです(コチラの話ですが)

 久々に昼休みにウォーキングが出来ました。

 ついでに近所のオーガニックカフェでランチを食べました。

 家族には悪いが、たまには独り、外で食事するのもいいモンです

 ウォーキング中に 聞く音楽は E.W&F ・・・古~い?ですか。

 去年、ヨーロッパのジャズフェスティバルに出演した時の

 ライブ盤で、懐かしいけどカッコいい。

 演奏する面々も、スゴイ面子ばっかりで・・・聞き惚れて我を忘れ

 歩きながら踊りだしそうになるほどです

 汗流して、歩きながら、時々、妙に体を左右に揺すり、腕を振り回す、オバはん

 それは、わたくしです 

分かっちゃったカナァ~





           ウソップ物語     その27



  2KKOママに、脅された マンジャーレ

  イヤイヤながら(?)ステージへと・・・・・

   でも、笑顔を忘れぬ 役者魂は、ご立派

    

   あっ!!ウケテル  ウケテル・・・・   




マジックボックス2



    結構、固定客も多いようですね。。。マンジャーレさん

   あなたの言っていた、ディープなファンの皆さまかしら??


    さっさ、色んなこと言われてるうちにマジックボックス

    ステージの中央に運ばれて来たようです
マジックボックス1


     今回は、もう次回の展開がなんとなく分かっちゃってると思うから

     下手なナゾ掛けは、止めときまーす!!

                       次回をお楽しみに・・・チャオ

自転車おじさん出没中

 


    今回は ウソップ物語じゃないんですが・・・・・



 

  コトの起こりは、この春先に遡ります。

  家の前で、植木の手入れに一生懸命だった K夫人、

  誰かに声をかけられて、顔を上げました。

Kさんの自転車事件






  顔を上げると、そこには品の良さそうなオジイサンの姿が。

  「スミマセンが、この辺に自転車屋サンはありませんか?」

  あいにく、K夫人の家の近所には自転車屋はありません。

  その旨を伝えると オジイサンは少々困った顔をし、、、、

  「・・・実は、この自転車なんですがー。」

  確かに、オジイサンは真新しい自転車を押して来ていました。

  「NHKの職員の催しで、くじに当たって貰ったものですが、

  うちの息子は、もっぱら車ですし 私もこの歳ですから危ないし

  自転車は乗りません。それで、どうしたものかと考えたんですが

  自転車屋サンに引き取ってもらおうかと思いまして、

  自転車屋サンを探しながら歩いてきたわけなんですがねえ」

  物腰といい、言葉使いといい、決して怪しいとは思えないそのオジイサン

  (それは、K夫人のそのときの印象ですが)

  植木の手入れの手を止めて、話を聞いていたK夫人に

  オジイサン、こう言い出しました。

  「どうでしょう、奥さん。これもきっと何かの御縁!

  この自転車を、買ってはいただけないでしょうか?

  いや、もうココまで歩いてきただけでも私は疲れ果てました。

  またこの先10分も15分も歩かねばならないなんて・・・。

  この通り、保証書も付いておりますしね」

  見ると、保証書も定価札(9800円)も付いたマンマの新品自転車。

  「自転車・・・確かに私のはもうソロソロ買い替え時だしなあー」

  同情心も加勢して、少々心の動きかけたK夫人、

  「どちらかって言うと、上品そうだし そういう気配は全然無いし

  まあ、値段だけでも訊いてみようか・・・」

  で、訊くと 4000円ではどうですか?とオジイサンの返答。


  K夫人は、どうしたと思います?・・・・買ったんです。その自転車。

  4000円で・・・オジイサンは自宅の住所と電話番号を紙に書いて

  「何か、不都合なことがあったらお電話下さい」と

  言い残して立ち去りました。住所から見ると其処から徒歩で15分位

  の所がオジイサンの家でした。

  「三日月さん、ドウ思う?私・・・騙されたのかなあ~」

  「????うぅ~ん。ワカラナイワァ」

  「ウチの家族は全員、お母さん それは詐欺だっていうのよー

  でも、ちゃんとした自転車だしぃ・・・・」

  腑に落ちない話でしたが、その後別段変わったことも無く

  私も、そんな話 すっかりサッパリ忘れていたのでした。


 ・・・・・ところが
  
  つい、4~5日前のこと。。。

  別の患者さんが、こんな話を言い出したのです。


  「こないだの日曜日にねえ、家の前で植木に水播きしてたらねぇ

  上~品な、オジイサンが自転車を押してやって来て

  この辺りに自転車屋サンはありませんかって訊くのよ」

  Oさんの自転車事件


  あれ~?その話どっかでキイタヨ



    

  NHK・・云々の下りは、聞きそびれたんですが

  とにかく、オジイサンの風体、受ける印象、そっくりなんです。

  O夫人はといえば、ナカナカの如才無いシッカリ者タイプの人。
  
  オジイサンの正体でも突き止めたか?と、続きを訊くと、

  「自転車、、、買ったよ!!2000円で。」

  えっ??2000円??

  半額になってるじゃないの!!


  どうも、O夫人 3000円といわれて

  「それだったら買わない。2000円なら買ってあげる」と

  突っぱねたらしい・・・う~ん、やっぱりシッカリ者

  「今日もね、乗ってきてるよ。表に止めてるオレンジの自転車」

  ・・・どれどれ・・・あっ、本当だ。新品だ。もうカゴも前後に装着して

  すっかり、オバちゃん仕様になってるけど・・・・

  で、三日月さんは 以前聞いた K婦人の話をしてみたんですが

  「あははは。。。私もオトウサンに、そりゃ詐欺だって言われた。

  でも、どうも同一人物のような気がするねえ~」・・と、いう事なんです


  なんか。。。奇妙な話でしょ?

  盗難品なら、その手のルートでさばくと思うし、第一、そんな悠長な

  ことしてたら、面は割れるし効率わるいし・・・・・

  商売でアクドク儲けに儲けた、隠居のオジイサンが市井の人々への

  せめてもの罪滅ぼしをしてるのか?それとも呆けちゃってて

  息子達がチョット目を離した隙に商品の自転車をチャっとカッパラッテ

  行商して歩いてるんだろうか???なんて、考え出したら面白くて

  チョット書いてみました。 

  こんな話だから、オチは無いのです・・・・ゴメンナサイ

 
プロフィール

三日月さん

Author:三日月さん
三日月と申します 

怠惰なブロガーの鏡のような?
のろのろ更新です
よろしくお願いいたします

カレンダー
08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
リンク
最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。